肌トラブルや肌荒れを改善してくれる「抗炎症効果」もプロテオグリカンにはあります。
プロテオグリカンにはほんとにいろいろな美容機能を発揮してくれますが、
医療分野においても大きな期待を寄せられている機能が存在します。
その1つとしてあげられているのが「抗炎症作用」です。

★★プロテオグリカンにある抗炎症作用とはどういった機能?★★

抗炎症作用とは、その名称からも理解ができるように炎症を抑制する作用のことを意味します。
体内の防御反応によって炎症が発生したときに機能するのが抗炎症作用です。
抗炎症作用のある薬やサプリを摂取することによって、炎症を抑制して痛みを減少することができます。

★★美容以外に医療にも役に立つ、プロテオグリカンの抗炎症作用★★

プロテオグリカンには、炎症性サイトカインのTNF-α=腫瘍壊死因子αを抑える効果があると同時に、
抗炎症サイトカインのIL-10の作用を促進する効果があります。

その結果、炎症性疾患や自己免疫疾患の予防をする治療に関しても有効であることが判明しておりますし、
アレルギーの処置や糖尿病や臓器移植時の拒絶反応の防止といったケースにも高い効果を期待できます。

特に、最近は増加傾向にある腸疾患を抑制する新しい機能性食品素材としての高い機体をされており、
一般的に有名なコンドロイチン硫酸よりも炎症応答を抑える効果が高いことが判明されています。

美容液のようにお肌から直接吸収するだけの活用法ではなく、プロテオグリカン自体は静脈注射や筋肉注射や皮下投与や直腸投与なども可能なうえ、
製剤化も難しい処理ではないのでとても使い勝手がいい部分も特徴としてあります。
その結果、プロテオグリカンの抗炎症作用はやはり医療方面からも多大な期待をされていることが理解できます。

★★抗炎症作用と肌トラブルや美容との関係性★★

美肌やエイジングケアと抗炎症作用は一見あまり関係なさそうな気がするのですが、
実はニキビや肌荒れなどのようなお肌トラブルも、実際は立派な炎症の1つとして考えられます。

お肌に対してのダメージから守ってくれて、スキンケアをしてくれるので、
紫外線によって発生するしみや乾燥によって発生する深いしわ等も防止することが可能です。
お肌本来の美しさやキレイな部分を引き出してくれるため、
プロテオグリカンを摂取すると顔まわりがパーッと明るくなり若々しい印象へと変化します。